2010年10月24日 (日)

2010年3・28札幌平和委員会青年部(愛称つづくん)結成総会報告

 1年以上振りの投稿です!くらげです。
 今度こそ今度こそ心を入れ替えて、ブログ更新したいと思います。
 まずは2010年3月の札幌平和委員会青年部の結成総会から、報告いたします。
 3月28日(日)道平和委員会事務所にて、札幌平和委員会青年部が結成総会が行われました。
 総会記念講演として、旭川平和委員会青年部部長の由井さんを講師に「地域に根ざした平和委員会の役割」をテーマに講演していただきました。 
 由井さんは旭川平和委員会青年部の活動の経験を振り返りながら、平和委員会と他の団体の違い、一人一人の会員に持って欲しい会員としての意識などについて1時間近く語ってくれました。
 参加者からは質問で「全ての平和問題に平和委員会は対応するというが、基地問題以外の活動が見えづらいのでは?」、「初心者も気軽には入れる活動や、会員の要求に応える例会とは?」などの質問が出て、みんなで議論もしました。
 次に名称札幌平和委員会青年部に決定し、愛称は「つづくん」(青年部の活動の売りである継続性から、考えた)に決まりました。最後に青年部の目的、役割、体制が提案され、議論、修正、確認されて承認されました。この日は青年部の約半数にあたる8名が、参加しました。
 以上です。
 過去の記事も、投稿していきます。
 よろしくおねがいします。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

平和ユースキャンプ開催

『平和ユースキャンプ2009in月形』開催のお知らせです 。



平和ユースキャンプは、その名の通り平和を求める青年の、青年の実行委員会による、青年のための企画で、今年で3回目になります。平和について学び、青年同士で交流しながら、楽しんじゃおうというものです。

今年のキャンプのテーマは、

■□■□■「戦争と貧困~他人事じゃないんだよ!~」□■□■□

戦争は貧困を生み出すもの。ここ北海道でも、生活のために自衛隊に入隊する青年は毎年数多くいます。
今回のキャンプでは、憲法9条からだけでなく25条の視点からも平和的生存権を考えたいと思います。

メイン講演を、生活保護の母子加算廃止は憲法25条違反であるとして、札幌の母親たちが立ち上がって起こした、いわゆる「生存権裁判」の弁護団長・内田信也弁護士にお願いしています。
生存権裁判を詳しく知ることで、「平和のうちに生存する権利」をより身近に考えられればと思います。

分科会は、①戦争体験者(戦時中の生活)の話と②無駄な軍事費についての専門家の話
の2つを用意しています。


★日時:9月5日(土) 12:00~受付
        6日(日) ~16:00解散

★場所:月形町皆楽公園(最寄駅「JR石狩月形」)
★参加費:2,500円
★持ち物:寝袋、米2合、健康保険証(コピーでも可)、洗面道具、筆記用具、
       軍手、ふきん、長袖、雨具、虫除けスプレーなど

【プログラム】
●1日目~
12:00~ 受付、テント設営
15:00~ 夕食作り
17:00~ 夕食
19:00~ メイン講演「札幌生存権裁判」
       講師 内田信也さん(生存権裁判弁護団団長)
21:30~ 2日目の昼食準備
23:00~ 就寝

●2日目~
7:00~  起床・テント片付け・朝食
9:00~  分科会 テーマ「戦争体験」「軍事費問題」
11:30~ 昼食をとりながら分科会の内容を交流
12:30~ 班発表に向けた創作活動
14:00~ 班発表
15:00   閉会

★札幌からは自家用車に乗り合わせていく予定です。
★参加希望(部分参加も含む)や交通機関などの質問やお問い合わせは
kurageyaro@wm.pdx.ne.jp (担当:千葉)まで。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年8月19日 (水)

原水爆禁止世界大会の報告会

4月にプラハでオバマ米大統領が核兵器廃絶に向けてコメントしたことでにわかに注目されてきた核の問題ですが、今年も広島・長崎で「原水爆禁止2009年世界大会」が開催されました。

被爆者とともに続いてきた運動の成果として、原爆症認定の問題について政治的な判断を引き出したり、2010年5月のNPT再検討会議にむけて運動が盛り上がってきている情勢の下で開かれた今年の世界大会。

青年によるリアルでホットな報告会を行ないます。


■■■『PEACE YELLOW‘09
  -原水爆禁止2009年世界大会in長崎 札幌青年報告会-』■■■

【とき】9月27日(日)13:00~16:00
【ところ】ノーモア・ヒバクシャ会館
     (札幌市白石区平和通16丁目7-6 JR平和駅から徒歩1分)
    会場には展示物がございますので、お早めに来場された方は是非ご覧ください。
【プログラム(予定)】
 ・被爆体験講和
 ・09年世界大会の基調報告
 ・参加者の報告
 ・グループトーク


主催:北海道平和委員会青年協議会、民青同盟北海道委員会、
    被爆の実態を伝える札幌青年の会(FoRP)

■□■□■□

| | コメント (69) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

青年協総会報告

 続きましては、総会の報告です。
 4月19日北海道平和委員会青年協議会が、2009年度総会行う。
 北海道平和委員会青年協議会(以下道平青年協)は、4月19日道平和委員会事務所にて2009年度総会を行いました。今年は大学卒業などで春から新社会人になる会員が、5人誕生し、仕事と平和活動の両立が総会のテーマの1つになりました。そこで今回は総会のゲストに、地域に根ざした活動を続けている函館平和委員会会長徳永さんを招きました。徳永さんは総会参加者と自己紹介含めた対話をしながら、地域での平和委員会の役割、存在意義を語ってくれました。それから活動紹介、議論となり、旭川平和委員会青年部の「うちの例会の魅力は、女性が多くて、気軽にわからないことが質問できるし、お互いの状況もよく把握しあっている。新たに学生の新入会員も迎えて、活気づいている」という報告が非常にみんなの参考になりました。新役員は共同代表に、千葉喬(札幌)、古岡ともや(函館)、森田勇樹(北見)、事務局長に佐々木瑛が選ばれました。
 総会には矢臼別、帯広、札幌、旭川、北見などから13名が参加しました。
 (道平和委員会青年協議会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和学校報告

 くらげです。
 だーいぶ遅くなりましたが、平和学校報告です。
 旭川青年部のレポートを、加筆修正させていただきました。
北海道平和学校09
アフガニスタンに必要な国際支援*日本にできること
4月18日札幌で「アフガニスタンに必要な国際支援*日本にできること」と題して北海道平和学校2009が開かれ、約80名が参加しました。
講演したのは日本国際ボランティアセンター(JVC)の谷山博史代表。谷山さんは1986年にJVCに参加。タイ・カオイダン難民キャンプを皮切りに、ラオス・カンボジアでの駐在を歴任。94年からJVC事務局長。2002年には再び現場に戻り、アフガニスタン現地代表。06年から現職。この現場での長い経験から得た経験や教訓が谷山さんの「確信」を形成しておられるのでは?と感じました。
講演ではアフガニスタンそのものの紹介から始まり、アメリカによるアフガニスタン攻撃後の「泥沼化」する現地情勢や人々の生活の息遣い、何が困難にさせているのか、などが詳しく語られました。アメリカや諸外国が増派すればするほどタリバンなどの支配地域が広がっていること、その背後に深刻な貧困があること、増派や米軍の残虐性が広がるにつれ国際NGOが活動しにくくなっていることなどから、アフガニスタンの人々にとって「複合的な危機」が広がっていることを訴えました。それは450万人もの栄養支援を必要とする国民がいること、うち子ども100万人、女性50万人は栄養失調状態にあること、一方で中立的援助スペース(人道支援活動の場)が失われつつあることを指摘。
特にPRT(地方復興チーム)と呼ばれる各国軍による人道復興支援事業が軍事作戦と人道支援の境目をわからなくさせており、またPRTの軍事化がすすみPRTの得た情報が軍事作戦に転用されている等、アフガニスタンの人々が「人道支援」を信頼できなくなっていることを大問題として指摘しました。JVCが開設していた診療所がPRTに占拠され、支援とは名ばかりの横暴や診療所からの「射撃訓練」、診察も無く医薬品をばら撒く危険な活動を目の当たりにし、JVCの告発や国際NGOの団結の力もあって止めさせた事例も紹介されました。谷山さんが「軍隊には人道支援はできない」と断言された姿に強く共感しました。タリバンなど武装勢力が復活していることに関連し「一番不安に思っているのはカルザイ大統領ではないか」と話し、以前まったく無視していたタリバンとの交渉を公言するようになり、2008年10月にはサウジアラビアの仲介で交渉がはじまっていることを紹介。また、武装勢力といえばタリバンばかりが有名ですが、実は他にもいくつもの勢力がある、と詳しく紹介され、それらを含めた全勢力による真の和平合意が必要ではないか、と問題提起されました。
特に講演のなかで印象深かったのは、まず第一に谷山さんの信念とも言うべき「対話しか平和を実現できない」との固い決意。そして現地の人々との長い活動の土台に得た教訓としての「どんな相手も信じる。しかしアテにはしない」との言葉。何よりも異なる文化圏での支援にあたっての姿勢に共感しました。
そして日本のあるべき姿に対して、アフガニスタンの人々が日本にもっているイメージが良いことを「特殊な財産だ」と指摘。これを活用すべきなのに、軍事一本やりの逆の対応をしようとしていることに強い懸念を述べられました。
 学内に張られたチラシを見て参加してきた女子学生など、青年の参加が全体の4分の一は占め、裏方でも活躍した講演会でした。旭川、矢臼別、函館など道内の地域平和委員会からの参加もありました。
(文 旭川平和委員)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«平和好き全員集合62回目告知です。