« JIM-NETスタッフの西村陽子さんの講演会 | トップページ | イブラヒム父さんの話を聞く »

2008年1月21日 (月)

今更ですが、

 前々から指摘されていた「企画の告知ばかりで、報告がない」というのを、反省しまして、これからは報告も載せていきたいと思います。

 まずはかなり昔になりますが、昨年8月のピースイエロー世界大会の報告から始めます。

 8月26日(日)Peace Yellow 07 SUMMER 2007年 長崎・原水爆禁止世界大会青年札幌報告会 を、札幌のノーモアヒバクシャ会館にて行いました。

Img_0971 この企画は「世界大会に参加して、元気になった青年の熱気を感じたい!」ということで毎年行われていて、今年で5回目となります。

 まず最初に広島で被爆された中村治弘さんの体験を聞きました。中村さんは青森に生まれ、戦車隊で満州等を転戦して、日本に1時帰国した際に広島で被爆されました。死体をまとめて縛り、焼いて埋めた話、その遺骨を掘り起こしに言った話し等してくれました。中村さんは、「あの時代は今思えば本当に殺伐としていて、 暗い時代だった」と、語っていました。

 今年の世界大会報告は、3人の大学生(2人は初参加)がスライドを使いながら、分担して報告してくれました。

 初めての長崎の熱さと参加者の多さに圧倒されながらも、みんな真剣に参加していた様子でした。  

 その後2つのグループトーク に別れ、今年の世界大会青年分野のテーマ「継承から発信へ」を中心に話し合いました。予定の1時間ではとても収まらず、1時間半以上熱い討論となりました。

 最後に記念撮影して、解散となりました。 

 当日は20名ほどの参加者(ほぼ青年)でした。

 先日の矢臼別で行われた平和盆踊りにも参加した大学院生が、その場で平和委員会に入会してくれました。(報告くらげ)

|

« JIM-NETスタッフの西村陽子さんの講演会 | トップページ | イブラヒム父さんの話を聞く »

企画の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445572/10001871

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ですが、:

« JIM-NETスタッフの西村陽子さんの講演会 | トップページ | イブラヒム父さんの話を聞く »