« 2009年5月 | トップページ | 2010年10月 »

2009年8月の記事

2009年8月23日 (日)

平和ユースキャンプ開催

『平和ユースキャンプ2009in月形』開催のお知らせです 。



平和ユースキャンプは、その名の通り平和を求める青年の、青年の実行委員会による、青年のための企画で、今年で3回目になります。平和について学び、青年同士で交流しながら、楽しんじゃおうというものです。

今年のキャンプのテーマは、

■□■□■「戦争と貧困~他人事じゃないんだよ!~」□■□■□

戦争は貧困を生み出すもの。ここ北海道でも、生活のために自衛隊に入隊する青年は毎年数多くいます。
今回のキャンプでは、憲法9条からだけでなく25条の視点からも平和的生存権を考えたいと思います。

メイン講演を、生活保護の母子加算廃止は憲法25条違反であるとして、札幌の母親たちが立ち上がって起こした、いわゆる「生存権裁判」の弁護団長・内田信也弁護士にお願いしています。
生存権裁判を詳しく知ることで、「平和のうちに生存する権利」をより身近に考えられればと思います。

分科会は、①戦争体験者(戦時中の生活)の話と②無駄な軍事費についての専門家の話
の2つを用意しています。


★日時:9月5日(土) 12:00~受付
        6日(日) ~16:00解散

★場所:月形町皆楽公園(最寄駅「JR石狩月形」)
★参加費:2,500円
★持ち物:寝袋、米2合、健康保険証(コピーでも可)、洗面道具、筆記用具、
       軍手、ふきん、長袖、雨具、虫除けスプレーなど

【プログラム】
●1日目~
12:00~ 受付、テント設営
15:00~ 夕食作り
17:00~ 夕食
19:00~ メイン講演「札幌生存権裁判」
       講師 内田信也さん(生存権裁判弁護団団長)
21:30~ 2日目の昼食準備
23:00~ 就寝

●2日目~
7:00~  起床・テント片付け・朝食
9:00~  分科会 テーマ「戦争体験」「軍事費問題」
11:30~ 昼食をとりながら分科会の内容を交流
12:30~ 班発表に向けた創作活動
14:00~ 班発表
15:00   閉会

★札幌からは自家用車に乗り合わせていく予定です。
★参加希望(部分参加も含む)や交通機関などの質問やお問い合わせは
kurageyaro@wm.pdx.ne.jp (担当:千葉)まで。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年8月19日 (水)

原水爆禁止世界大会の報告会

4月にプラハでオバマ米大統領が核兵器廃絶に向けてコメントしたことでにわかに注目されてきた核の問題ですが、今年も広島・長崎で「原水爆禁止2009年世界大会」が開催されました。

被爆者とともに続いてきた運動の成果として、原爆症認定の問題について政治的な判断を引き出したり、2010年5月のNPT再検討会議にむけて運動が盛り上がってきている情勢の下で開かれた今年の世界大会。

青年によるリアルでホットな報告会を行ないます。


■■■『PEACE YELLOW‘09
  -原水爆禁止2009年世界大会in長崎 札幌青年報告会-』■■■

【とき】9月27日(日)13:00~16:00
【ところ】ノーモア・ヒバクシャ会館
     (札幌市白石区平和通16丁目7-6 JR平和駅から徒歩1分)
    会場には展示物がございますので、お早めに来場された方は是非ご覧ください。
【プログラム(予定)】
 ・被爆体験講和
 ・09年世界大会の基調報告
 ・参加者の報告
 ・グループトーク


主催:北海道平和委員会青年協議会、民青同盟北海道委員会、
    被爆の実態を伝える札幌青年の会(FoRP)

■□■□■□

| | コメント (69) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2010年10月 »